院長紹介

こどもも保護者も楽しく通える歯科医院を目指して

街の小児歯科として、こども達が笑顔で帰ることのできる、楽しく通いやすい小児歯科を目指します。
保護者の方々にとっても心やすらぐ、ホッとできる歯科医院として、地域の子育て拠点を目指しています。

ごあいさつ

はじめまして!岡山市北区の北長瀬こども矯正歯科の相山達也です。
この度はホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

私は平成22年に岡山大学歯学部を卒業後、歯科医師として11年勤務医として勤務後に北長瀬こども矯正歯科を開院しました。11年間、矯正治療・インプラント治療やその他の外科処置・歯周病治療・虫歯治療・噛み合わせの治療など、様々な治療をそれぞれの分野の専門医に指導していただきました。

様々な治療を行う中で、どの治療をしていても私の歯科医師として大事にしてきた考えは、

「患者さんにとって、今回の治療が人生で最後の歯科治療になるようにする」です。

1つ1つの疾患に対して丁寧に診査・診断し、最終的なゴールを患者さんとしっかり話し合い、いざ治療となると精密に。そうすることで「お口のトラブルが将来再発しないように」ということを常に考えてきました。

日々そのように考えていると、むし歯が1本もない子ども達の矯正治療をしている中で、私の歯科医師としての人生のミッションが定まりました。それは、

「歯を1本も削らず・失わずに、生涯にわたり食事を楽しむことができるようにすること」です。

そのミッションを人生を賭ける為に、小さい頃から予防歯科と矯正歯科に気軽に通える歯医者さんとして、北長瀬こども矯正歯科を開院しました。

また、その延長線上に「現在食事で困っている」方々にもお力になりたいという思いから

要介護高齢者などの食事支援を軸とした訪問歯科診療にも力を入れています。

発達段階にある赤ちゃんや子ども達から、機能が低下してきた要介護高齢者の「食」の楽しみを支え続けるために。これからも日々精進してまいります。